2019年5月8日の滋賀県大津市の園児死亡の交通事故に思う

2019年5月8日の滋賀県大津市の園児死亡の交通事故。筆者もグーグルのストリートビューで場所を確認したが、近隣の幼稚園の保育士さんが、子どもたちをかばいながら、歩道の内側で信号を待っている姿をみて、頭の下がる思いがした。

亡くなった園児たちには、冥福をお祈りしたい。そして、保育施設の先生たちは、つらいだろうが、今後もがんばって仕事を続けてもらいたい。

ただただ、悔やまれるのは、交差点に、ガードレールがなかったこと。

行政もお金がないので、すべての道路にガードレールをつくることはできないので、やむえなかったのだが、やはり、こういう事故がおこってしまうと、交差点の角に、ガードレールまでいかなくとも、せめて垂直に立つポールでもあれば、車を停止させ、前途ある園児たちの命だけは救えたのだろうと、思わざるを得ない。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です