東京都港区の児童相談所建設問題でのテレビ番組のスタンス

先般、お昼休みにテレビを見ていると、東京都港区南青山の児童相談所建設問題でのTBSとフジテレビのスタンスが違うのが 興味深い。

TBSの番組は南青山に児童相談所を建設すべきで、周辺住民は建設を素直に受け入れるべき、というスタンス。

一方、フジテレビの番組は港区つまり自治体の行政が住民周辺に説明不足ではないか、というスタンス。

いづれにしても、港区内のどこかに作らねばならない施設なので、どこに建てようとしても住民の反対はあるだろう。また、どれだけ住民説明会を開いたとしても納得しない住民はいるだろう。さらに、どんなに話題になっても、最終的には港区内のどこかに建設され、もしかしたら 一部の周辺住民が損害賠償請求などの裁判をして、裁判所が判断をするだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です