水道事業の民営化法案

水道事業の民営化法案が国会で審議されている。現在、諸外国では、水道事業の民営化を公営化に戻す傾向にある。民営化すれば、水道料は高額になるし、あるいは外国の企業に買収される可能性もある。水は生命の根幹である。水道という極めて重要な事業が、企業利益のために高額になったり、海外企業に握られるのは、どうも納得いかない。国会議員の方々におかれましては 慎重に御検討いただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です