酒の飲みすぎは死期を早める

酒の飲みすぎは死期を早める。そんなことは多くの人が知っているが、宴会などいくとついつい飲みすぎてしまうこともある、という人は多い。

先日57歳で亡くなった勝谷誠彦氏は、毎日のようにアルコールを摂取していたようである。また、2015年に亡くなった女優の川島なお美氏も、どの程度の摂取量だったかはわからないが、毎日のようにワインを飲むワイン好きであったことで知られる。

筆者の知人でもアルコールが好きで40代や50代で亡くなった人がいる。

ロシア人が他の主要国と比べて寿命が短いのはウォッカを飲むからだといわれ、プーチン大統領が夜間のアルコール類の販売を制限したところ、国民のアルコール摂取量が減り、ロシア国民の寿命が延びた。

毎日飲んでいても、長生きする人はいるが、統計をとれば、アルコール類を多く摂取する人ほど寿命は短い。アルコール類の飲みすぎには気をつけましょう。

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です