ルノーと日産

フランスには主要な自動車会社はルノーとプジョーの2社しかない。そして、フランス政府が出資しているルノーは日産を傘下に持っている。あくまで推測だか現在の報道各社の動向を見ると『フランス政府は日産とルノーと統合したい』と思っているのであろう。

フランス政府にとっては日産は手放したくない企業である。しかし、ゴーン氏の逮捕により、ルノーと日産の統合は難しい状況となった。

一方、日本政府は、日産をフランス政府の干渉から徐々にでも切り離したいと考えているのではなかろうか。今後の動向は、フランス政府と日本政府の交渉が重要になってくるだろう。

人によっては、日本政府は関係ないという人もいるが、今回のキーマンはフランス大統領である以上、日本側は日産経営陣や日産株主だけではなく、日本政府が関わらざるをえないだろう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です