将来、世界を牽引する企業

約30年前の日本のバブルの頃、アメリカの経営学者は日本型経営を賞賛し、アメリカの大学では積極的に日本企業についての研究がなされ発表された。

無理はない、当時 世界の上場企業の株式時価総額ランキングで 日本の企業は世界上位20社のうち、14社を占めていた。

時は流れ 2018年の現在は GAFAや中国のアリババやテンセントなどの インターネット関連の会社が力を持っている。そして世界中の経営学者はこれらインターネット関連会社の強さを研究している。なお2018年、日本の企業は世界の上場企業株式時価総額 上位20社に入っている会社数のゼロである。

では、今後は どうなるのだろうか。 一般的な予想では AIやIoT関連ビジネスに注目されている。また、中国企業はいうまでもなく、インド企業が力をつけてくるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です