中国という国

いまだに日本人の多くは、中国人を下にみている人が多い。

もちろん中国は共産党一党独裁で、貧富の差は激しく、衛生面や倫理的な面で日本に及ばない点は多い。

しかし すでに日本はIT分野においては中国に大きく遅れをとっている。
中国ではキャッシュレス化が進展し、この分野では日本を凌駕している。ドローン開発や精密機械やスマホ開発の分野でも非常に速いスピードで発展を遂げている。
IT産業もアリババやテンセントや百度など、その売上規模は日本とは文字通り桁違いである。

軍事力の面をみれば、海では中国海軍の力より日本の海上自衛隊の力の方が上回るかもしれない。しかし、その点だけ日本が上をいっていても、そもそも中国は核保有国である。もし中国から核攻撃されたら日本は壊滅である。

中国の批判するのは簡単である。しかし、日本は将来のためにITの分野で中国と協力していくことがが重要である。それが日本の未来のためでもある。

 

Mginfo

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です