過疎化の原因 :不動産売買の点から

過疎化の原因の一つに、田舎の不動産が売りづらい現状がある。
田舎の不動産は、家だけを買おうとしても多くの場合、畑や田が付随している。それが農地法にひっかかり、たとえば、都市部の人がIターンするつもりで田舎の不動産を買おうとしても、農業委員会の許可が必要な場合が大半である。当然のことながら、いきなり都市部から来た人に農業委員会は なかなか売買の許可を出さない。

結果、不動産取引はできず、田や畑は売れない。

農地は、農業をしている人または法人しか借りられないし、買うことができない。近年は かなり規制は緩和されたが、それでも、都会のサラリーマンが容易に農地を購入することは難しい現状がある。

ただでさえ、農業という仕事は人気がないのに、新規参入が容易ではないので、ますます農業人口が減り、地方の人口は減少する。